壱のブログ

壱のブログです。GAMEプレイ記や、しょーもない出来事を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ペルソナ3クリア感想…のようなもの

お題:ペルソナ3


ペルソナ3クリアしました。

その感想などを書いておこうかなと。

クリアまでの時間は95時間ほどでした。


後日談はする気が起きないので保留。


まずストーリーの筋は割とよかったかなと。

約1年間の疑似的な学園生活を送るという、変わったRPG。

レベル上げはもちろん大事だけれどコミュ上げというサイドストーリーを組み上げていくのがとても大事。

素直に育成に直結してますんで。

というのもコミュを上げるとペルソナ合体時にコミュ属性に応じてペルソナに経験値が加算される。

これがバカにならないので楽に進めるには上げないといけない。

サイドストーリーもそれぞれのコミュ主の個性がかなり強く。

男性は主に悩み事解決。

女性も悩み事解決…なんだが、途中から恋愛に発展したり、したり。

1年間を通して生活し、生きるってどういうことなの?ということを面白おかしく、ときに真剣に投げかけていく。

散らばった破片を回収するかのように小さいことをちまちまやっていくことが実は一つのストーリーになっている。

ある意味とてもカオスで斬新。

最後までやると、「あぁ、そういうことか」となると思う。

自分はなった。


投げかけられていくテーマ「死ぬこと」

人は死に向かって生きていて、生きることは死ぬことと常に隣り合わせ。

なんども、なんども「死」の意味を考えるワードが出てくる。

ときに絶望したり、ときに喜んだり。

でも、前向きに死をとらえていける。


アイギスの「わかりました」という死と生きる意味。

一度ぶっ壊れて帰ってきて、感情の起伏がとてもわかるようになってから「なぜ、なぜ?」と頻繁に問いかけるように。

いろいろ大切になってきたり、人とふれあうことで人間くさくなっていくのがとてもよかった。


というかアイギス超可愛い…可愛すぎる。

アイギスコミュでアイギスにまさか告白されるとは思ってなくて、「すきです」って言われた時は目頭熱くなったわ。

本当の意味でP3のヒロインは間違いなくアイギス。

登場が遅かったのが悔やまれる。


ここで死について語るのは無茶がすぎますが、考えさせられます、はい。


ゲームシステム云々ですが100時間近く遊んでおいてなんですが、正直微妙。

というか、テンポが今一つで、運が悪いとなし崩し的に瞬殺ゲームオーバーになるので。

女神転生シリーズでは毎回こんなもんですが。

レベルを上げないと突破できないんですが、すごく作業的になってしまい、一気にテンポが悪くなる。

で、買い物も普通に店で買うには買うんですが、特殊なゲーム進行の性質上うまく使えないことも多い。

「明日は友達と遊ぶけど、明後日は買い物に行く」などある程度計画して行動しないといけない。

ロードも頻繁に入るし、マップ移動もイマイチ利便性に欠ける。

街中をダラダラ移動する雰囲気はいいですが。


最高に評価できるのはやはりBGM。

ほとんどのシーンで神とも呼べるBGMばかり。

この長い時間ある程度テンションを下げずにプレイできたのはBGMのおかげ。


P4では面倒だった部分をある程度改善していることを望みます。



考えさせられるシナリオ。

微妙は微妙だが、それなりになじめたシステム。

総合的にはそこそこの作品でした。


後日談や二週目をする体力はないので、両方保留。

P4やりたいですが、買う予定もないです。

まぁ来月半ばまでは保留ですね。


終了です。

スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/03/31(土) 00:31:09|
  2. 家庭用ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ロウきゅーぶ!感想その2

お題:ロウきゅーぶ!


3月はロウきゅーぶ月間だったぜ!

まったく、小学生は最高だな!


とりあえず8巻まで読破。

1巻が相当に面白かったが、連載のせいかどうなのか。

だんだんと面白さに陰りが見え始める。

2巻は クラス対抗戦

3巻は 昴の幼馴染

4巻は 他校の精鋭

5巻は…バスケしてない。

強いて言えば、身内とひなた妹、『かげつ』との勝負。

6巻もバスケやっていない…。

まぁ短編まとめなので。


という風に5巻と6巻あたりで明らかに迷走してるんじゃね?と思うくらい作品のブレが。

1巻の作風がすべて。

ロリだの萌えだのラブコメだの、大いに結構!

もっとやれ!

だが、バスケのおもしろさ。

読ませる仕掛け、文章としてのスポーツの白熱した展開。

そういうのを待ってるんだよ!俺は!


というか、まぁそんなんで7巻読んで「これだ!これだよ!」と全面的に大絶賛な内容でした、7巻。

頭からケツまでバスケしてて、ラブコメしててスポコンしてて。

主人公が今までで最も主人公してました。

そして「俺の妹がこんなに根性があるはずがない!」をやってくれる。

愛理とその兄貴・万里のサイドストーリーにもいい感じに焦点が当たる。

成長するにつれて会話がなくなった高校生兄貴と小学生妹の和解?のエピソードが良すぎる。

そして、ラブコメとスポコンとごちゃ混ぜになった良くわからない昴と智花のやり取りが胸熱。

7巻はマジで最高の出来でした。

ここまで読んできた積み重ねでここまでストーリーに厚みもできて、この展開だからこその熱さ。

やっぱりロウきゅーぶは最高ですね。


8巻はややおとなしめでしたが、切り口も悪くなく。

しっかりバスケしてますし、今後の課題を埋めつつ、これまでの成長もしっかり見せるといった内容。

そしてラブコメ枠もばっちり。

もっかんはもちろん、紗季にもいい展開でなかなか面白い。

8巻の裏主役は紗季ですわー。


ここにきて登場人物がいきなり増えて、かなりまとめにくくなった気もしますが。

メインは昴と5人のバスケを通して成長していく物語。

ちゃんと抑えてますね。


萌え系イベントが度を超えてる気がしますが、もっかんが毎回可愛いので許せます。

白い濁った液をぶっかけられて、脱がされてもなんの問題もありません。

主人公がどこまでもロリコンになっていっても問題なんてあるはずがない。


そのうちゲームの方も勝ってしまうかも知れません。

逮捕されるは実母ENDがあるわでとんでもない作品になってるらしいしな。


…無茶が過ぎる。


終了です。


テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/03/28(水) 00:31:36|
  2. ライトノベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペルソナ3FES再開

お題:ペルソナ3(FES)


数年前に途中でやらなくなったP3を買い戻してプレイ。

なぜか…よくわからん。

現在 1/4

1/31 がラストらしいのでだいぶ終盤戦。

現在70時間と少しプレイしたのでダイブ長丁場。

周回プレイもできるようですが…やるのか?

そしてアイギス主役の後日談も…。

また、投げ出してP4やってまうかもしれん。


日をつけたのは 11月頭の二人組とアルカナ・ハングマン戦

レベル40程度で挑んだわけだが、レベル差がありすぎて運が悪けりゃ即死。

運が良くても即死。

何とか補助呪文などで耐えつつ持久戦に持ち込んでも1時間頑張って決着がつかないジリ貧仕様。

仕方がないのでタルタロス(自動生成ダンジョン)で延々とレベル上げ。

5時間くらいは潜ってました。

適正レベルが50~55程度のようで。

相手のレベルがそのくらい。

そのころにはトール(戦車コミュ最強ペルソナ)などが作れる。

作ってから挑むと10分程度で倒せる。

全く苦戦せず。

このあたりでだいぶ戦力が増強でき、一気に面白くなりました。

その後の展開はかなり鬱な感じでしたが。


その後、ペルソナ・オーディンを作り、ある程度育つと属性ほぼ無視の超火力。

なにこの雷神。

「敵は○○が弱点です」 → そんなの関係ないね!ジオダイン!マハジオダイン! → 相手は死ぬ。

レベルの割にオーディンは別格ですね。


コミュ上げも面白く。

特に改めてやり始めてから、山岸風花のコミュ上げはめっちゃ楽しい。

ペルソナはギャルゲーになっちまった…だが、それもいい!

風花に「好きです」って言われてガッツポーズかますくらい好きです。

風花かわいいよ風花…


他にも語りに語りつくせぬネタの欧州と遊びの深さはさすが。

これはちょっとという点も少なくはないが。


てか、ラスト付近まで行くとタルタロスの普通宝箱に40万入ってるってどういうことよ…。

まぁ、装備品が40万位するけどもさ。

現実との金銭感覚の差が…(※ゲームだから当たり前)


クリアまで、あと少し。


終了です。


テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/03/27(火) 00:31:31|
  2. 家庭用ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦国事情・近況

お題:戦国大戦…と三国志大戦


しばらく、ブログ停滞期が続きます。

もうちょっとだけ続くんじゃよ…。


さて、三国志大戦。

証60になりました。



でも、戦国大戦のバランスがアレなのでちょっと楽しかったりする。



戦国大戦

『VerUPしても相変わらず島津大戦だった!』

もう、なんていうかね…どうしてこうなった。

車撃ちの射撃時速度低下は確かにあるのだけど、相変わらず強い。

織田と雑賀集の鉄砲がマジで息してない、パート2


まぁ、環境的に助かったのは陸奥の性能弱化。

ゾンビのような性能だったのでマジで助かった。

あっさり使用率ランク外へいってくれましたね。

あれはやりすぎ。


これで風林火山で戦える!


ところで、『獅子の牙城』

前だしされるだけで何もできなかった試合があるのだが…。

あれ、強すぎないか…?

とある計略と比較してみたい。


とある前だし計略: 陣計略、強制前進、武力+6 8c 士気消費6

獅子の牙城:陣計略、自由移動、攻城力強化(城門2発)、武力+5、8c?、士気消費5、陣計略外へ出ると兵力ダメ


え?

柴…とある陣計略持ちは泣いていいと思う性能差。

士気差1あるんだよ?

デメリットの陣形外に出るなど、一体なにを言っているんだ?というほどどうでもいい。

スペックも


とある(ry:9/8城

北条:9/10 盾魅


同じコスト3だろ…どういうことだ?

「勢力が違うから、デッキバリエーションで勝てますよねw」

↑ほんとにそういうことだったらひでぇ話だ。

今のバージョンを物語っている仕様とも言える。


あ、まぁ愚痴です。

対処法が見えません。


新庄局



新庄局(しんじょうのつぼね)

下手なSRよりうれしかった自引き…可愛いよな。

「眼鏡おとしちゃった…」(撤退台詞)


そこそこそろってきたので次回あたり毛利使ってみます。

終了です。

テーマ:戦国大戦 - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/03/22(木) 05:25:51|
  2. 戦国大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心バッキバキのVer

お題:戦国大戦


『島津、早く修正して死んでくれませんかねぇ!?』


とっくに心が折れていた。

そんな、もういらない現Verとも明日からは別れを告げられる…のか?


結局、島津が強すぎて、他の勢力が息してない。

もっというのなら『車撃ち』への対策ができないデッキは軒並み死亡。


車撃ちつええー



武力を上げるか超絶騎馬でなんとかなるよ!



毘天でいけるね!



鉄砲主力では騎馬対策できないと思った?残念、捨て奸ちゃんでした☆



だったら騎馬増量した赤備え(采配)の味はどうだ?



そのデッキ、毘天でいけるね!


以下、ループ対象。


各勢力、前Verでの戦術がほぼ通用せず、悪い意味でゲーム性をぶっ壊してくれやがりました島津勢力のせいでさらに拍車がかかる。

勢力ごとにある程度はやれるデッキはあるものの、死にカード多数。

陣持ちの槍兵はお通夜モード。

車に対抗できない鉄砲もお通夜モード…。


あと『先生!今川さんと本願寺さんが息してないの!』的な状態。

ココテンだのなんだの言われた傭兵、今川勢力は見る影も無く。

本願寺さんは毘天と赤備えの台等やら、島津にせりかてない、というか勝負すらできない弱計略の塊に。

今川の場合、テコ入れで朝比奈さんなど強いカードはいるものの、現行で武力8以上がいないというシステムにミスマッチ。

士気を払えば相応の高武力が長時間居座るが、逆に言えば士気を払わなければ話にもならない。

武力10が素で乱戦して武力6~7の2~3部隊と互角なのが今のゲームシステム。

本願寺は鉄砲で勝負にならず、歩兵の武力圧殺がVer初期こそ機能していたものの、結局は島津メタが本願寺メタにもなるため、坊主死亡。

言うまでも無く本願寺鉄砲も死亡。

アレだけ流行った孫市も今はどこにいるのやら…。

3/14時点で本願寺勢力はUC無二が90位台にいるだけ。

しかも勝率48%…50切ってる。

もうお察し。

今川と本願寺が使用率ビリ争いしてるとかひどい状態。


他の勢力はまぁともかくとして、武田。

俺のやる気を真っ向から削ぐ形になった、カード追加二枚(しかもSS)

火門など槍関係がスペックの関係上、ほぼお通夜なので槍メインのデッキや運用は不可能。

啄木鳥戦法も無理ゲー。

範囲に入れる前に兵力がなくなります(笑)


いけるのは覚悟猛進。

覚悟采配からの猛進が統率依存度が高すぎで10C以上持つというキチガイ。

強制前進で敵城から跳ねかえらないことと、武力至上主義のシステムとマッチして異常に強い。

対策も取れなくはないが、覚悟采配が8~9Cは持つのではじく、押す、ダメ系、焙烙などでたやすくメタることもできず。

まぁ、やることわかってるからなぁ。

それでも強いのは強さの証明。


そして、鉄砲メタで赤備えの采配。

士気5で武力+4と突撃ダメージUPで競り負ける要素が少なく、機動性も高いのでライン維持も楽。

弱点はピーキーすぎるので安易な運用ができないのと突撃され放題なので、朝比奈、毘天、単騎赤備えに弱いところ。

他兵種との兵力差も少なくなったことや、武力圧殺しやすくなり、乱戦でも効果がそこそこ高いのが追い風。

突撃にくくる必要はなくなった。

その分、騎馬の多さは必須になるが。


後はデッキ負けしている。

風林火山もパワー負け必死。

流行ってるデッキに露骨に勝てない。

というか陸奥が出てこられたときに上記二つに比べてどうしようもない。


いやーそんな、もう心バッキバキのVerが終わると思うと胸がスッとする。

現行のVer好きな人すみません、フヒヒ。


希望に胸ふくらませ、初春な今日この頃、終了です。><


テーマ:戦国大戦 - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/03/14(水) 21:01:43|
  2. 戦国大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロウきゅーぶ!

お題:ロウきゅーぶ!


ロウきゅーぶ!1



はい、今回はロリコンご用達と名高い「ロウきゅーぶ!」

こう見えてバスケが題材の作品です。

「へー、バスケなんだー」と思い、アニメの一話をアバンまで見て速切りした俺が

なぜか原作小説を読んでみようと思ったのか…よくわかりませんね。

ちなみに切った理由はキャラデザが全く受け付けなかったから。

小説を読んだ後だと1話見ても拒絶しなくなりました。


さて、内容ですが、小学生女子が素人なりにバスケを頑張っていくというもの。

萌えスラムダンクでも思い描けばいいんじゃないかな?

1人やたら才能のある子を軸にチームが出来上がっていく様は見ていて面白い。

1巻の作風としては非常に面白い出来でした。


挿絵は基本的にバスケ風景なんざ書いてませんし、ロリペド上等って感じですが。

文章の前後を無視するとかなり危険なことを言っていたりね。

有名どこで「まったく、小学生って最高だな」

この台詞、物事の学習能力の高さを感心して言ったことなんだぜ?

読まないと明らかに変態。

他にも「そんなことより、小学生だ」などなど。


主人公自体は結構好感が持てるのだが、ギャルゲー主人公よろしくのタラシ&朴念仁。

まさか小学生全員にフラグ立てて、幼馴染まで…どんだけ。

というように、一応ラブコメ要素もあります。

間違っても小学生とのラブコメが主軸ではない。


試合の描写やそれへ行くまでの流れもかなりいいです。

現在4巻まで読んでますが、かなり感動できました。

漫画の原作として読むなら是非読んでみたいですね!

というか、メディアミックスで漫画も出てる。


で、ここまで書いて「これは萌えラノベの皮をかぶった本格派スポコン小説なんだ!」とでもいいたげ。

だったら、小学生男子が同様にバスケを頑張る小説だったら読むか?

まぁ、読みませんよね(^p^)


小学生女児のスパッツ最高れす(^p^)


俺の明日はどっちだ!


ロウきゅーぶ!2~



ちなみに、バスケットボールって「籠球」っていうんだってね?

終了です。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/03/10(土) 03:35:29|
  2. ライトノベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なのぽGOD

お題:なのはポータブル


なのぽGOD




PSPソフト 『リリカルなのはA'sポータブル ギアーズオブディステニー』

2月ほど積んでいたのをようやく開封したのでその感想。

一気にクリアできるくらいには面白かったです。


良くない点。

前作と変わらない必殺エフェクト。

ごった煮しすぎてカオス&ひどいストーリー。(全体で悪いとは言わない)


良い点

調整された戦闘バランス。

圧倒的に増えたキャラ。(ほぼ被るキャラがいない良調整)

相変わらずの良BGMを残しつつ+。


簡単に書きましたが、ゲームとしての底がかなり上がっているので遊んでいてかなり楽しいです。

Vivid と Force を追加したのはキャラ的なもの以外では改悪と思う。

オリキャラ3人とマテリアル3種はかなり良い。

ひとりすごいスバルと被ってるやつがいるが。


前作と違って一辺倒に技を連射しても勝てない使用。

遠距離での優位性が緩和されており、遠距離戦ではダメージが緩い。

遠距離だと攻撃を加えた分にダメージが回復する(モンハンのアレ、戦国大戦の気合)。

MP消費の関係で遠距離弾幕戦が有利ということも少なくなった。

ただ、遠距離得意なキャラは遠距離を戦う術をうまく使わないと勝てない。

近距離は判定やリーチ、コンボなどでかなり差別化されており、近距離特化のキャラはかなり強い。

MP回復の要素もあるので、コンボ選択の幅もある。

アタック、キャッチ、ブロックの三すくみも割と機能している。

キャッチからコンボをできるキャラもいるし、ブロックを置くことに意味がかなり大きくなっている。


各キャラの差別化もかなりできており、ほぼ全員バインドが使える。

しかもバインド性能などに細かく差があるなど。

遠近性能にかなり差がある。

防御力にも差が多い。

マテリアルもコピー性能ではなく、完全に個別の性能。


超必殺技ともいえるフルドライブトリガー。

コンボに組み込みやすくなり、補正もかかる。

一気に大ダメージを狙う駆け引きの手段になった。


とりあえずストーリーモードをクリアしました。

後半は難易度がそこそこ高く、ボスの強性能にやられますが、やれないことはなく。

戦い方を工夫すれば結構簡単に倒せます。




前作がおもしろいと感じたら買わない理由はない。

なのはが好きな人にはぜひ触ってほしい。

対戦ツールというかそういうゲームとしても進化している。


めっちゃ面白くなってるので大満足でした。

ストーリーも細かいところはGOODでした。


以上!

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/03/03(土) 20:55:25|
  2. 家庭用ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

壱(I-chi)

Author:壱(I-chi)
自称ゲーマーの現実逃避ブログ
自虐こそが生きがい

三国志大戦3
君主名『紅蓮』
征覇王:証86(H23)
ほぼ引退状態

戦国大戦
君主名『紅蓮』
征5国(1月初期)

バトオペ
中佐L7(1月初期)

モバマス
CuP
ランクA
L115
まったりプレイ勢


他随時いろいろプレイ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。